(出典 vehicle123.com)


EVは実用に耐えれてないだろ。
充電するのに時間がかかるわ、バッテリーの故障は全損というか廃車になるわ。
当然、中古もクズのような査定しかされないわ。
買う意味がわからないんだけど。。。
環境に悪いEVは市場から退場してもらおう!

1 昆虫図鑑 ★
米国のテスラや中国のBYDなど電気自動車(EV)が、自動車市場を席巻しているようにみえる。だが、EV市場は「バブル」であり、崩壊が近づいていると指摘するのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。緊急寄稿で大原氏は、トヨタ自動車など日本メーカーが最終的に覇権を握るとの見方を示す。



8月28日の米国株式市場で、ベトナムの新興EVメーカー、ビンファストの時価総額が日本円で一時、約28兆円に達し、テスラ、トヨタ自動車に次ぐ世界第3位になったと報じられた。EVバブルを象徴する出来事であるが、まさに崩壊の瀬戸際にあると筆者は考える。

EVが世界的に推進されてきたのには、多くの政治的思惑が見え隠れする。その一つが「日本車潰し」である。
2015年にドイツでディーゼル車の排ガス不正問題が発覚した。それに懲りずに「新たなる日本車潰し」の意図を持って行われたのが、「完全EV化」である。日本勢が得意とするハイブリッド(HV)車やプラグインハイブリッド(PHV)車を排除して、電気のみを使って走る車(BEV)にできるだけ限定しようとする圧力が、その意図を明確に示している。HVやPHVは、エンジンでの駆動エネルギーを効率的に回収できるので環境により優しい可能性があるにもかかわらずだ。

米民主党政権もイデオロギーの観点から、EV化にも注力している。本来、日本政府はこのような外圧に毅然(きぜん)とした姿勢で日本企業を守るべきである。ところが21年1月、菅義偉首相(当時)が国会で「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」と表明した。

「日本車潰し」を意図したEV化だが、中国企業を勢いづかせることになってしまった。EVの世界販売トップが中国のBYDであるだけでなく、トップテンに中国企業が6社も入っている。2位は米国のテスラだ。欧州勢は大いに焦っていることだろう。

日本勢はトップテンに入っていないが、心配はいらない。EVバブルが崩壊するのは確実だからだ。巨額な補助金がなくなれば、ガソリン車やHVなどの「消費者に優しい」自動車が勝利するのは確実である。特に、環境に優しいHVおよびPHVは次世代自動車の本命といえる。HVの市場はトヨタなど日本勢の独壇場であり、結局のところ世界の覇権を握るのは日本企業である。

トヨタがEVに熱心でなかったのは「現状のバッテリーの性能では消費者が満足する自動車をつくれない」という信念に基づく。そして、27年~28年にも全固体電池の実用化を実現する方針を発表した。まだ未知数の部分はあるが、10分以下でフル充電し、航続距離1000キロ程度(従来型EVの約2倍)を目指しているという。もしこれが実現すれば「消費者が満足するEV」として、あっという間に他のEVを蹴散らすだろう。

世界中から目の敵にされる過酷な状況でも「黙々と良い製品をつくることに専念」し、「実力で黙らせる」のがトヨタのやり方だ。

これは、多くの日本企業に通じる「日本精神」といってもよいものである。日本人は、ディベートやプレゼンが下手だとよく非難されるが、見てくれよりも「中身」を重視するだけのことである。日本人は「日本人のやり方」で世界で勝負すればよいのだ。販売台数で4年連続世界首位のトヨタは、これからますます躍進するはずである。

■大原浩(おおはら・ひろし)
https://www.zakzak.co.jp/article/20230911-CRZTBK3QT5MHHFME4NZB6FXOKI/




41
>>1
だろうな。
どうみても今の技術では電気自動車は無理だからな。
当面、トヨタが主張するようにハイブリッドもしくは
PHVに切り替えて、技術の動向を見て電気自動車なり
燃料電池に切り替えていくべきじゃないの?

95
>>1
EVカー一択だったマスコミ、分が悪いと悟ったらくるりと手のひら返し。
いい年をしたおっさん、おばさんどもが、きゃきゃうふふやっている感じがして、気持ち悪いわ。
いい加減、定見を持って、記事を書け、発言しろと思うわ。

2
電動自動車はバッテリー交換にはすごいお金かかるらしいしなあ

22
>>2
プリウス30系だが、だいたい7年に一回(12~3万キロ)で交換って感じだな
工賃込みでだいたい20万くらい(バッテリーだけだと11、2万ってとこだけど関連部品も交換した方がいいため)

6
中国はあの山積みの廃棄EV車をなんとか出来ないならエコどころか環境破壊になるな

75
>>6
中国は国土が広いので捨てる場所はいくらでもあるアル

80
>>75
とはいえ、バッテリー処理してる地域の汚染が酷いことになってるようで

83
>>80
地域が水源近くとかなら、致命傷じゃね?

88
>>80
廃棄物を建材に混ぜるのも定番で、酷いトコだと核廃棄物が建材に混ぜられてるとか・・・

86
>>75
そう、つまり廃棄EVは埋めるか放置するかしかないんだよな
リサイクルやら出来ないことを中国自身が証明してる

93
>>86
日産が自動車の廃バッテリーを家庭用に・・・ってやってるので、出来なくはないもよう

9
また世界のEVシフトに出遅れた
ニポン人のオナニー記事ですか
世界自動車市場を制するのは
バッテリー技術に優れた韓国企業と専門家は見ていますよ

13
>>9
中国様もEVに急ブレーキかけてるよ
韓国人は流れ読めないから気付いてないかもだけど

14
>>9
(=^・^=) 飛行機のバッテリーでやらかしたのはいつでしたっけ(笑)

18
>>14
2013ねんごろだったかな
あれも制御装置が韓国製って話だったな

20
>>9
だから在日韓国人総帰国だろ
良いから帰れよ

23
>>9
まずは暴走しない車を作りなさい
ザイニチすら敬遠する車じゃあねw

19
27年に全固体なら結局ハイブリッドはもう終わりに読めるけど

24
>>19
全固体はまだ高価だから大衆車には乗らんよ
トヨタも高級車向けを想定してる
だからPHEVとかHVは無くならない

21
電動もんは原付1種だけに絞ればええのよ

36
>>21
(=^・^=) NSR50やNS-1とまでは言わないから
せめてドリーム50程度の性能が出せる
電動の原付一種が有れば考えるんだけどねぇ。

44
>>36
排ガス規制の件を考えると切り捨てられる1種がギリギリ生き残れるのは電動スクーターだと思うのよね
その手の趣味二輪は2種に移行するしかない

46
>>36
ヤマハかスズキか忘れたけど昔出してたおにぎりみたいな電動原付はリコールで消えたんだっけか

34
流通関係のトラックなんかEV化なんて無理だろwww

37
>>34
(=^・^=) まぁ精々がところで
郵便やエフコープ生活協同組合の配送バンぐらいでしょうかね。

40
>>37
町中の狭い生活範囲、という用途がせいぜいだよね

38
>>34
いすゞが2tのELFで出してたはずだが、あの程度が精いっぱいだろうな
長距離なんてとても割に合わない

43
>>34
路線バスや配送トラックみたいにルートがほぼ決まってる用途にはBEVも悪くない
現状で普通の自家用車には全然だめ
まともなハイブリッド作れるの世界でトヨタとホンダだけになってしまった
特許でガチガチなので簡単にはパクれない

52
>>43
特許と言うより、協力メーカーとの連携が固まってないと上手くいかん
今の処、他にそれを完成出来たのはルノーだけだな

45
実は全固体電池はEVに最適ではなくてハイブリッド車やPHVと最高の相性をもたらすと予想してるわ

50
>>45
確かに、そちらの方が相性いいね
大型バッテリーで動力全部を賄うってのがそもそもナンセンスなんだし

56
>>45
自分もそう思う

69
>>45
軽自動車や1000ccクラスも一気にHV化進むかもしれんね
固体電池+軽量小型化は自動車業界以外でもインパクトあるブレイクスルー

73
>>69
重量問題もあるので軽だと厳しいと思うよ

54
HVが一番CO2削減してるんだからHVでいいんだよ。
めどがつくまで焦らずやることだわ。政治的な動きが多すぎ

57
>>54
そしてEUはEVに見切りつけてエンジンに回帰中、ほんと無駄な政治案件だったよ

61
ホンダは脱エンジン宣言どうするんだろ

81
>>61
そろそろ前言撤回しないと手遅れやでと思うけど、エンジンに関わるところを自分から切り始めてるから手遅れかも
以前の北米派閥から中国派閥に権力が移ったのが命取りだったよな

65
ユーザー目線だと排ガス出す内燃機関よりエコに見えるのは当然だけど、同等の車格で
同等の距離を走った後廃車にするという消費サイクルで環境負荷ってEVは低いのかな
少なくとも発電で石炭火力多用してる中印辺りは結構微妙になるような気がする

74
>>65
環境負荷計算すると5万キロ走ってようやくスタートライン、早い奴、年間の走行距離少ない奴は論外だなw

77
>>65
むしろ多い、製造段階での環境負荷が大きく、
10万キロ走ってようやく内燃機関と同等程度

さらに処分するときの環境負荷も、内燃機関より大きいので
実際にはエコではなく環境破壊を促進してる