1 首都圏の虎 ★ :2023/02/06(月) 22:59:21.00ID:pE6NT+Rm9
 【イスタンブール共同】トルコメディアによると、トルコ災害緊急事態対策庁は6日、地震による死者が1121人に上ったと明らかにした。シリアの被害と合わせ、死者は両国で1900人を超えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de06e0f2d992f0955edb55801cde0fc13b90f3d1

関連
トルコ南部でM7.8地震 シリア国境に近い地域 [蚤の市★]
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675650257/

【トルコ、シリアの地震死者1900人超に】の続きを読む



1 ぐれ ★ :2023/02/05(日) 19:47:01.29ID:gooj39m69
※2/5(日) 8:11配信
Merkmal

日本が目指した戦闘機の国産開発

 防衛省は、将来の防空を担う航空自衛隊の次期戦闘機を英伊と共同で開発する方針を定めた。まだ詳細が明らかではなく、今後の折衝で行方が左右される余地も大きいと思われるが、この決定は従来の米国機導入や国内開発とはまったく異なる路線だ。

 戦後の日本政府と企業は、自衛隊の使用する兵器をできるだけ国産化する方針を採ってきた。米国から兵器を買うだけでは、日本の防衛環境に適した兵器は手に入れにくく、外貨も流出する。必要な装備を国産化できれば、防衛費の支出は国内の技術育成や雇用創出につながり、乗数効果の高い公共投資として国内経済にも大きく貢献する。

 たとえ輸出できなくとも、数を必要とする装備品を国産化すれば、経済効果や補給の面で合理性はあり、日本の国土面積や経済規模なら、輸出に依存せず防衛産業の自立は可能である。そうした国産兵器の到達点として目標にされたのが、防空を担う純国産戦闘機だった。

 1980年代には、次期支援戦闘機FS-Xの国内開発が計画され、後に続く純国産主力戦闘機への足掛かりとされた。しかし知られているとおり、日米貿易摩擦に端を発した米国の介入によって、FS-XはF-16戦闘機の改造開発とすることが決定され、これが現在のF-2戦闘機となった。

 東西冷戦が終焉(しゅうえん)を迎えた1990年代、日米関係は明らかに形を変えつつあり、日本の兵器開発が岐路に立ったことを示す出来事であった。

主力戦闘機の国内開発に向けて

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/d311d309c7c28bc1fdc9970b15292810b167daf8
※前スレ
率直に問う 日本はなぜ「戦闘機用エンジン」を国内開発できないのか? [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675571775/

★ 2023/02/05(日) 13:36:15.98

【率直に問う 日本はなぜ「戦闘機用エンジン」を国内開発できないのか?】の続きを読む



1 ガムテ ★ :2023/02/05(日) 22:32:58.50ID:UoTULkgz9
「ロボット導入の有無」が招いた、日米の給与格差


日本の薬剤師の年収は約562万円です(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」)。
これは全薬剤師の平均年収ですから、調剤薬局の薬剤師に限って見るともう少し低いかと思います。

これに対してアメリカでは薬剤師の2020年の平均年収は約1300万円(2020年12月末時点の円換算)と
日本の薬剤師の年収の約2倍にも上ります(U.S.News & World Report “U.S. News Best Jobs Rankings”)。

これはある意味で当然です。アメリカの人口は約3億3000万人で、日本の人口約1億2500万人の約2.6倍になります。
これに対して薬剤師の人数はアメリカも日本もどちらも約32万人とほとんど変わりません。

このように人口ボリュームに対して薬剤師の人数が少ないところを、アメリカはファーマシーテクニシャンを活用することで補っています。
アメリカには2020年時点で薬剤師数を上回る約42万人のファーマシーテクニシャンがいて(U.S. BUREAU OF LABORSTATISTICS “Occupational Outlook Handbook”)、
薬剤師とファーマシーテクニシャンを合わせると約74万人となります。これは日本の薬剤師数の2.3倍です。

アメリカでは日本の約2.6倍の人口に対する薬物療法を、2.3倍の有資格者(うち薬剤師はわずか4割、調剤補助者は6割)でカバーしているのです。
そしてそのため、人数の少ない薬剤師の年収は高く設定されています。なぜそれが可能かというとロボットをどんどん導入して効率化を進めているからです。

一方で日本ではICT化やロボット化をいっさい進めずに、反対に薬剤師の数を増やしていきました。
その結果薬剤師の数が増えていき、反比例するかのように年収は下がってしまったのです。

多くの薬剤師は「ロボットが調剤をする」と言うと「自分たちの仕事がなくなってしまうのでは」と考えるかもしれません。
しかしそれは反対です。ロボットを導入しなかったことによって、薬剤師は自分たちの地位を高め、年収を上げるチャンスを失ってしまったのです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/acbf5f1df99bfd8e37f27d02a6006169b7df19fa

★1 2023/02/05(日) 14:44:03クロケット
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675585747/

【【アメリカなら平均年収1300万円】日本の薬剤師、“6年かけて大学卒業”の割に「報われない給与額」】の続きを読む



1 Hitzeschleier ★ :2023/02/05(日) 23:15:25.91ID:XD6kpU/k9
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad860392aebb6825aba74e8cbc2bd93d8471787
※ソースより抜粋


■「スプーンで目玉えぐられ、頭を撃ち抜かれて」組織内の“恐怖支配”

なぜ、詐欺グループのメンバーは渡辺容疑者を頂点とする組織の言いなりになっていたのか?

特殊詐欺グループの元メンバーA氏
「いたれり尽くせりじゃないが、やってることは多分、普通の企業と同じ。どうすれば社員が集まるのか、どうすれば社員のやる気を起こせるのかとか」

渡辺容疑者が電話をかける現場に来ることはなかったが、それでも強い恐怖を感じた。ある時、グループがいた拠点で組織を裏切ったとして1人のメンバーが暴行されたという。

特殊詐欺グループの元メンバーA氏
「ビルの中でボコボコにされて血だらけになって、『こいつこれからいなくなる。裏切ったらどうなるか知らないよ』と。そのまま連れていかれて」

真偽は不明だが、その後についての噂も耳にした。

特殊詐欺グループの元メンバーA氏
「ベッドに縛り付けられて3日後ようやく解放された。スプーンで目玉えぐられ、頭撃ち抜かれて細切れにされて。豚に遺体食わせて処理したという話を聞いた」

さらに、こんな話も聞かされたという。
   
村瀬キャスター
「ご自身のグループでもそういうことが起きた?」

特殊詐欺グループの元メンバーA氏
「僕の“かけ子”のグループのリーダーはホテルの1室に入った途端、後ろから頭を撃たれて*だと。『〇〇さん*じゃったんですか?』って 聞くと『*れたよ』と。手を下すのは、渡辺容疑者は手を下さない。やっぱりフィリピンのマフィアとか。本当に今ニュースになっているのは氷山の一角」

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675599408/

【【ルフィ】元メンバーが明かす“恐怖支配”「スプーンで目玉えぐられ、頭を撃ち抜かれて細切れにされ…」】の続きを読む



1 Anonymous ★ :2023/02/06(月) 03:37:55.11ID:Z99z39qQ9
https://article.yahoo.co.jp/detail/29b300f79a6d8886c5f2de5fc42cc34cb67a214f

お笑いコンビ・EXITの兼近大樹が過去のツイートを掘り起こされ、ネット上が大騒ぎになっている。女性に対する暴力を笑いにする内容に驚きの声があがり、兼近のツイッターに「どういうことなのか」と直接問いただす人もいたが、彼は当時を自分の状況を説明し「本当に申し訳ない」と謝罪している。

日本各地で相次ぐ広域強盗事件に関与した疑いのある容疑者と「過去に接点があった」と一部メディアで報じられたお笑いコンビ・EXITの兼近大樹。彼には2度の逮捕歴があり、4年前のテレビ番組で本人もそれを認め、十分に反省していることはファンの間で知られていた。しかし今回の報道で逮捕歴を初めて知ったという方も多く、ネット上では彼がこのまま表舞台で活動を続けることに反対する声が増え始め、「今は更生して、前に進もうとして頑張ってるんだから応援したい」という兼近ファンとの間で論争が起きている。

そんな中、2013年8月17日の兼近のツイートが拡散され、物議を醸している。特に「よく女の子の腕の骨へし折ってたなー てへへ」(原文ママ)の一文について疑問を持ったユーザーが「本当に女の子の腕を骨折させるという暴力を振るっていたのですか? 事実なら傷害罪になりますけどどういうことなのかご説明いただけますか?」と問いかけた。すると兼近本人は「おいマジか。こんなん繋げるの勘弁してくれ…」と驚きつつも当時のことを説明した。

兼近は2013年にNSC(吉本総合芸能学院)東京校に入学したが、この頃は「ヤンキー弄りみたいなのされてて、ヤバいヤンキー大喜利返しみたいな返しで過激なこといえばおもしろいと思ってた」と明かしている。しかし別のユーザーから「男が女の腕へし折る事が笑いに繋がるの? 理解できない」、「その発想が出てくる感性に引いてるんです」と詰め寄られると、「本当に申し訳ない。いまはふざけてもこんな事言いません。ふざけてでもこの言葉を仲間内でやり取りした事、申し訳なく思っています。気持ち悪い感性ですみません」と兼近は平謝りしていた。

これからも過去の過ちを掘り起こされ、そのたびに批判に晒される可能性は高い。しかし兼近はこれまでの自分と生涯向き合っていく覚悟を決めており、2月2日に放送されたニュース番組『ABEMA Prime』(ABEMA)で「今後は生きづらさを抱えている人とか、被害に遭った人とかに支援をしていく」と語っていた。吉本の大先輩であるダウンタウンの松本人志も「兼近に頑張ってほしいなー」とツイッターでエールを送っている。


(出典 i.imgur.com)


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1675614344/

【EXIT兼近「よく女の子の腕の骨へし折ってたなー てへへ」10年前のツイートに批判の声→兼近、謝罪】の続きを読む



1 朝一から閉店までφ ★ :2023/02/05(日) 22:03:39.22ID:7BpKhME99
「加齢システム」が教えてくれる、人生で最も大切なこと。
連載・特集 特集
2023.2.5 Sun 18:00

今年3月に配信が予定されているカンフーアクションゲーム『Sifu(師父)』は、本物の中国拳法家をモーションアドバイザーに招聘したタイトルです。

故に、その動きは極めてリアル。昔の香港映画にありがちだった「ややオーバーなアクション」ではなく、「小さく細かい打撃」が見事に再現されています。そしてこの『Sifu』の最大の特徴は「加齢システム」。主人公が死亡した場合、少しずつ加齢しながら復活します。

20歳から始めて、気がつけば70歳を超えていた……ということも。歳を取れば格闘家としては弱くなるどころか、何と老人になればなるほど攻撃力が増加!

「若者より老人のほうが強い」というのは、実際の中国拳法を反映しています。今回は詠春拳教練の筆者が、「なぜ老人のほうが強いのか?」という点について解説していきます。





若いうちはなかなかできない「脱力」

とはいっても、筆者はパンデミックをきっかけに詠春拳を始めてからまだ2年ほどしか経っていません。

去年、仏山の本部が指定する型の試験に合格し、今は中国から認定証が届くのを待っています。それが筆者の自宅に到着したら「詠春拳初級教練」になるらしい……というのが実際のところ。結局はまだまだ未熟者で、偉そうに他人を指導できるレベルではまったくありません。澤田真一38歳、師父への道は遥かに遠い凡庸な小市民。

実際、中国拳法で30代は「若造」です。

普段は杖をついて歩いている老師が型の演舞をしている動画を観たことがありますが、ところどころの「止め」と「脱力」が完璧にできています。中国拳法のパンチはボクシングのように「腰の捻りをフル活用して勢いをつける」というのではなく、関節にほとんど力を入れていない状態からいきなり拳を繰り出します。

最初はゴム人間になったようにフニャフニャ状態で、インパクトの瞬間だけ力を入れる。端的に書けば、これが中国拳法です。

しかし、実際にやってみると脱力が難しい! 「肩に力を入れるな」と言われても、どうしても入ってしまいます。特に若者はパワーに頼ってしまうため、むしろ動きがギクシャクしてしまうというわけです。





パンチングマシンと「実戦での強さ」は関係ない!

中国拳法において、防御は直後の攻撃に入るための前段階でもあります。

相手のパンチを左腕でブロックした刹那、右の拳でカウンターを見舞う……という展開はカンフー映画でもよく見かけますね。これらの動作は脱力ができていないと、どこかで遅れたり途切れが出てしまいます。

『Sifu』の加齢システムにおいては、老齢になれば攻撃力は増しますがHPが少なくなります。つまり「相手の攻撃を恐れずに倍返し」という脳筋戦法はできなくなり、代わりに中国拳法本来の「防御直後のカウンター」が物を言うようになります。

70歳を過ぎてしまった『Sifu』の主人公にパンチングマシンをやらせたら、もちろん若者の記録にはまるで及ばないでしょう。

しかし、パンチングマシンは人間のように動きません。「何百kgの重さのパンチを繰り出すことができる」ということと「対峙している相手を即座に倒せる」ということは、本来であればまったく関係のない要素です。

人体の構造や急所を知り尽くし、そこに確実な打撃を見舞うことのできる老師は、筋骨隆々の20代を数秒で制圧してしまいます。





もしもブルース・リーが存命なら?
https://www.gamespark.jp/article/2023/02/05/126772.html

【老いれば老いるほど強くなる中国拳法の不思議。『Sifu』で再現されている「高齢格闘家の強さ」を中国拳法教練が解説!】の続きを読む


チャンチャカチャカチャカ♬チャンチャチャー🎶

1 征夷大将軍 ★ :2023/02/05(日) 19:22:08.65ID:1yZkg/lX9
スポニチ 2023年2月5日 17:37
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/02/05/kiji/20230205s00041000500000c.html

日本テレビの人気番組「笑点」の新メンバーに「今、最もチケットが取れない落語家」といわれる春風亭一之輔(45)が加入することが5日の放送で発表された。昨年9月30日に肺がんのため死去した六代目三遊亭円楽さん(享年72歳)の後任。新メンバーが加わるのは昨年1月の桂宮治(46)以来となる。

今年1月1日放送の正月特番で「新メンバーは2月から登場します」と紹介された後、予想が白熱していた。名前が挙がっていたのは、一之輔のほか、昨年真打に昇進した美人落語家・蝶花楼桃花(41)、笑点メンバーでもある三遊亭好楽(76)の息子で五代目円楽さんの弟子でもある三遊亭王楽(45)、落語家ユニット「成金」のリーダー格を務める柳亭小痴楽(34)、司会の春風亭昇太(63)の弟子の春風亭昇也(40)ら。

現在、若い世代に落語ブームが起きる中で勢いある若手の名前が並んだが、この中で一之輔が選ばれた背景には3つの理由があった。

スポニチアネックスの取材にテレビ関係者は「まず第1にその実力。“今、最もチケットが取れない落語家”と呼ばれるだけあって、腕のあった円楽さん亡き後、視聴者が求めていたうまさを見せてくれるとの期待がある。その上で、近年テレビ局が重視しているのは世帯視聴率ではなく、コア視聴率。スポンサーが狙う購買層の13歳から49歳のコア層に人気の一之輔は響く人材。その思いが作り手にある」と語る。

2つ目の理由として、落語関係者は「一之輔を将来的な司会者候補に考えている」と明*。現在の笑点メンバーは司会の春風亭昇太(63)をはじめ、林家木久扇(85)、三遊亭好楽(76)、三遊亭小遊三(75)、林家たい平(58)、桂宮次(46)。「司会の昇太で60歳を超えている。若い世代の実力者・一之輔を司会候補として育てたいという思いがあるようだ」と話す。

3つ目の理由として、多くの関係者が指摘するのは「バランス」。現在の笑点メンバーの所属をみると、落語協会=林家木久扇、林家たい平、落語芸術協会=春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂宮治、円楽一門=三遊亭好楽。「新たに芸術協会が加わるとバランスが崩れるので、それはないのでは」とみていた関係者は多く、「円楽さんがいなくなって1人減った円楽一門か、昨年加入した宮次が芸術協会でもあり、今回は落語協会からではないか」とされていた。候補に挙がっていた落語家では、落語協会=蝶花楼桃花、春風亭一之輔、落語芸術協会=柳亭小痴楽、春風亭昇也、円楽一門=三遊亭王楽だった。落語協会所属の一之輔の起用に「順当だったのでは」と語る落語家もいる。

◆春風亭一之輔 01年に春風亭一朝に入門。年間に高座約900席をこなす超売れっ子で、ラジオのパーソナリティとしても人気を博している。「NHK新人演芸大賞」落語部門大賞を受賞。


類似スレ
【速報】笑点新メンバーに春風亭一之輔
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1675586090/

【春風亭一之輔が笑点新メンバーに選ばれた3つの理由】の続きを読む



1 蚤の市 ★ :2023/02/06(月) 05:41:35.05ID:rhuZJSWa9
米軍が撃墜した中国の偵察気球が日本に飛来した場合、自衛隊は戦闘機の緊急発進(スクランブル)などで警戒監視にあたる。領空侵犯は国際法違反になる。気球であっても武器を使って動きを妨げることは禁止されていない。

防衛省の青木健至報道官は3日の記者会見で「これまで気球による領空侵犯について確認して公表した事実はない」と話した。米国の事案と同様のケースが過去に日本であったかを問われて答えた。

気球は国際法..(以下有料版で、残り587文字)

日本経済新聞 2023年2月5日 21:00
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA051Y40V00C23A2000000/
★1 2023/02/05(日) 22:18:46.55
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675603126/

【日本に気球飛来なら…自衛隊、緊急発進で警戒監視 防衛省「確認・公表した事実ない」】の続きを読む

このページのトップヘ